メンタルヘルス対策・EAPのカウンセリングストリート

企業・組織とメンタルヘルスの両面に精通した視点でEAPコンサルティングを推進します
貴社の実情に即した、実践的で効果の上がるEAP・メンタルヘルス対策を実現します

プライバシーマーク
トップ > アドバイザー

カウンセリングストリートアドバイザー

小山 文彦 (独立行政法人 労働者健康福祉機構 本部研究ディレクター)
川西 結子 (社会学者)

※順不同


小山 文彦 (こやま ふみひこ)

東京労災病院 勤労者メンタルヘルス研究センター長・両立支援部長
独立行政法人 労働者健康福祉機構 本部研究ディレクター(兼任)



略歴)
広島県尾道市出身。1991年徳島大学医学部卒業。岡山大学附属病院などを経て、2001年より香川労災病院でストレス関連疾患の診療にあたり、併せて、労働者健康福祉機構の「労災疾病等13分野研究」事業、厚生労働省委託「治療と仕事の両立支援」事業を担当。他、産業保健総合支援センター産業保健相談、産業医活動等も実践し、広く勤労者のメンタルヘルス向上に貢献している。 2013年10月より現職。

専門資格・兼職)
医学博士、精神保健指定医、日医認定産業医、日本精神神経学会専門医・指導医、日本職業・災害医学会認定労災補償指導医、中央労働災害防止協会メンタルヘルス支援専門家、東京産業保健総合支援センター相談員等

所属学会)
日本産業ストレス学会(理事)、日本産業精神保健学会(理事)、日本精神神経学会(精神保健に関する委員)、日本職業・災害医学会(評議員)、日本産業衛生学会、日本緩和医療学会

著書[単著])
・主治医と職域間の連携好事例30
(治療と仕事の治療と仕事の『両立支援』―メンタルヘルス不調編 U―(労働調査会2015年)
http://goo.gl/JpTMWY
主治医と職域間の連携好事例30(治療と仕事の治療と仕事の『両立支援』―メンタルヘルス不調編 U―(労働調査会2015年)

 

 

 

 

 

・治療と仕事の『両立支援』―メンタルヘルス不調編―(労働調査会2013年)
http://www.chosakai.co.jp/publications/3135/
治療と仕事の『両立支援』―メンタルヘルス不調編―(労働調査会2013年)

 

 

 

 

 

・ココロブルーと脳ブルー ‐知っておきたい科学としてのメンタルヘルス‐ (産業保健医学振興財団 2011)
http://www.zsisz.or.jp/shop/book.html#98
   ココロブルーと脳ブルー ‐知っておきたい科学としてのメンタルヘルス‐

・働く人の うつ、疲労と脳血流の変化 ‐画像で見る うつ、疲労の客観的評価- (保健文化社 2009)
http://www.molcom.jp/item_detail/47818/
   働く人の うつ、疲労と脳血流の変化 ‐画像で見る うつ、疲労の客観的評価-

最近の研究業績)

  • 職場のメンタルヘルス、連携のコツは?(産業精神保健22巻特別号 産業精神保健Q&A,70-73,2014)
  • 労働者の抑うつ、疲労、睡眠の状況とHPA系内分泌動態の検討(日本職業・災害医学会会誌, 62(3): 143-148, 2014)
  • メンタルヘルス不調における治療と就労の“両立支援”―9労災病院で「治療就労両立支援センター」がスタート―(健康開発18巻4号 , 51-56,2014)
  • 治療と就労の“両立支援”から連携を考える(産業精神保健22巻2号 特集「職域における連携を再考する」,2014)
  • 早期発見:仕事量の増大に伴うメンタルヘルス不調の早期発見のために(メンタルヘルスマネジメント4月号/技術情報協会,2014)
  • 特論:勤労者のうつ病、自殺の現状と対策(日本臨床,72(2),2014)
  • どうする、メンタルヘルス対策:これからの予防をどう考えるべきか―予防のための三つの視点と「両立支援」の重要性―(労政時報3860号, 2014)
  • 特集:メンタルヘルス不調における治療と仕事の“両立支援”をめぐって―事業場内外の「連携」に求められる情報とは何か―(産業医学ジャーナル37巻1号, 2014)
  • 後遺障害等級認定の問題点 精神症状(日本職業・災害医学会会誌61:158-160,2013)
  • 産業ストレスの研究成果 産業ストレスと脳科学 (日本産業ストレス学会20周年記念誌 産業ストレスとメンタルヘルス 〜 最先端の研究から現場の実践まで 〜 , 94-100, 2013)
  • 巻頭言「今,職場で求められる うつ病の早期発見と予防策―心ブルーと脳ブルーの視点から―」(メンタルヘルスマネジメント,2013年6月号,技術情報協会,2013)
  • メンタルヘルス不調に罹患した労働者の治療と就労の「両立支援」 ―厚生労働省委託「治療と職業生活の両立等の支援手法の開発のための事業」において活用した就労可否判断のアセスメント手法―(日本職業・災害医学会誌61:251-258,2013)
  • メンタルヘルス不調者の治療と仕事の「両立支援」―厚生労働省委託事業・検討会から―(産業ストレス研究20(4), 2013)
  • メンタルヘルスに関する治療と職業生活の両立等の支援について(2012年3月19日 第3回治療と職業生活の両立等の支援に関する検討会・参考人)
  • 厚生労働省委託「治療と職業生活の両立等の支援手法の開発のための事業」報告書(実施責任者,2010-12年度)
  • 睡眠の問診から「うつ病予備軍」の早期発見を図る - 不眠スコアISとうつ, 疲労, 自殺念慮との相関 -(産業医学ジャーナル35(6):56-62,2012)
  • 東日本大震災における被災地でのこころのケアをめぐって (産業医学ジャーナル,34(6),p4-26,2011)
  • 労働者の「うつ病予備軍」早期発見のために‐睡眠障害と前頭葉機能低下,抑うつ症状との相関‐(日本職業・災害医学会会誌59:32-39,2011)
  • 厚生労働省委託「業務上疾病に関する医学知見収集事業」報告書(専門委員,2010年度)

 


川西 結子(かわにし ゆうこ)

社会学者

略歴)
同志社大学卒業
ボストン大学大学院 マスコミ学 修士課程終了
1993年 カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院 社会学 博士課程終了(Ph.D.取得)
ボストン大学卒業後1982年より、放送局やコンサルティングファームにて研究や翻訳に携わる。博士号取得後はカリフォルニア大学ロスアンゼルス校医学部にて研究員として活動、1996年よりテンプル大学日本校の講師、1997年からは助教授として、学生の指導とともに、社会心理学、アジア学に関する研究に携わる。その後、2003年より東京学芸大学留学生センター助教授に就任、2007年からは同センター教授として活躍。その後、ニューヨークに拠点を移し調査研究を続けつつ、臨床にも携わる。日本人の心理について海外メディアのコメンテーターとしての活動も長く、メンタルヘルス分野において社会学の視点から独自の研究を重ね、多数の実績をあげている。

所属学会)
多文化間精神医学会、日本保険社会学会、American Sociological Association
Association for Asian Studies (in the US)

研究分野)
現代日本人のメンタルヘルス諸問題、ストレスコーピング、過労死、自殺、ひきこもり、など
現代日本家族の病理、親子関係、夫婦関係、など

論文、著書)

  • うつ病治療と現代アメリカ社会: 日本は何を学べるか (海鳴社 2012)
    http://amzn.to/H9GLxT
    うつ病治療と現代アメリカ社会: 日本は何を学べるか
  • 日常ストレス認知とコーピングについての日米比較 (1993)
  • 精神障害者家族のコーピングに関する日米比較 (2006)
    他、多数 (業績一覧