メンタルヘルス対策・EAPのカウンセリングストリート

企業・組織とメンタルヘルスの両面に精通した視点でEAPコンサルティングを推進します
貴社の実情に即した、実践的で効果の上がるEAP・メンタルヘルス対策を実現します

プライバシーマーク
トップ > メンタルヘルス最新ニュース > 厚生労働省 新たに3物質を向精神薬に指定

メンタルヘルス最新ニュース


厚生労働省 新たに3物質を向精神薬に指定

2016年10月

厚生労働省は9月14日付けで、
「麻薬、麻薬原料植物、向精神薬及び麻薬向精神薬原料を指定する政令」を一部改正し、
新たに3物質(ゾピクロン・エチゾラム・フェナゼパム)を 第三種向精神薬として指定したと発表した。
政令の施行は 本年10月14日からとなった。

向精神薬とは精神に作用し、精神機能や行動に変化をもたらし、主として精神障害に用いられる薬物の総称である。
だが国が法律上「向精神薬」と指定した薬物を、狭義の「向精神薬」とし、
乱用された場合の有害性の程度が物質ごとに異なるため、
医療上の有用性及び乱用された場合の危険性により、
危険性が高いものから第一種向精神薬、第二種向精神薬及び第三種向精神薬に区分し、
段階的な規制を課している。

今回は日本未発売のフェナゼパムのほか、
国内で処方されている商品名アモバンの睡眠薬ゾピクロン、
および不安緊張の緩和、改善や筋弛緩作用に有効な商品名デパスで流通している
抗不安薬のエチゾラムが新たに「向精神薬」指定された。
これに伴い、アモバン(ゾピクロン)とデパス(エチゾラム)は一回の処方数が30日(11月1日より施行)までと規制され、
個人輸入や譲渡も禁止されることとなる。
薬を処方するにあたって、これまでの処方の見直しや適正化、薬の管理を強化することにより、
薬物依存や乱用からから患者を守り、薬の効果をより安心して享受できるようになることが期待される。

新たに3物質を向精神薬に指定し、規制の強化を図ります

 


メンタルヘルス最新ニュース一覧



Warning: Unknown: open(/home/counsel/session//sess_b119c89616fb9a303787fc9249b10380, O_RDWR) failed: Disc quota exceeded (69) in Unknown on line 0

Warning: Unknown: Failed to write session data (files). Please verify that the current setting of session.save_path is correct (/home/counsel/session/) in Unknown on line 0