メンタルヘルス対策・EAPのカウンセリングストリート

企業・組織とメンタルヘルスの両面に精通した視点でEAPコンサルティングを推進します
貴社の実情に即した、実践的で効果の上がるEAP・メンタルヘルス対策を実現します

トップ > メンタルヘルス最新ニュース > 全国労働衛生週間−全員参加でメンタルヘルス対策しましょう

メンタルヘルス最新ニュース

全国労働衛生週間−全員参加でメンタルヘルス対策しましょう

2010年8月

全国労働衛生週間は、労働者の健康管理や職場環境の改善等の労働衛生に関する国民の意識を高めるとともに、職場での自主的な活動を促して労働者の健康の確保等を図ることを目的に行われている。

■ 平成22年度スローガン  : 「心の健康維持・増進 全員参加でメンタルヘルス」
■ 本週間  : 10月1日〜10月7日
■ 準備期間  : 9月1日〜9月30日

我が国における自殺者数は近年3万人を超えており、そのうち約2500人が勤務問題を原因・動機の一つとしていること、仕事や職業生活に関する強い不安、悩み、ストレスを感じる労働者の割合が約6割に上っていること、メンタルヘルス上の理由により休業又は退職する労働者が少なからずおり、精神障害等による労災認定件数が高い水準で推移していること等から、職場におけるメンタルヘルス対策の取組みが重要な課題となっている。

このため、職場のトップ、管理監督者、産業保健スタッフ、労働者がそれぞれの立場において心の健康の維持・増進に取り組み、労働者の心の健康が確保された職場を実現していくことが重要である。

厚生労働省発表 : 平成22年度全国労働衛生週間実施要綱

 

【一言コメント】

年に一度の労働衛生週間。
61回目の今年はスローガンに、初めて “メンタルヘルス” が掲げられました。
準備期間中では、「セルフケア・ラインケア等の教育研修」、「産業医・衛生管理者等の労働衛生管理体制の整備・充実」等を実施すること、
本週間では、「事業者又は総括安全衛生管理者による職場巡視」、「労働衛生の意識高揚のための行事」等を実施することが推奨されています。
この機会にメンタルヘルス対策を一層強化して、心の健康維持・増進に努めましょう。

弊社では、メンタルヘルス研修をはじめ、産業医等の紹介など、幅広くお力添えが可能です。
是非お気軽にお問い合わせください。


メンタルヘルス最新ニュース一覧